マーヴィン・ゲイ

マーヴィン

タミー・テレル ( 英語: Tammi Terrell, 1945年 4月29日 - 1970年 3月16日 )はアメリカ合衆国の黒人女性歌手。 モータウン 所属期の、 マーヴィン・ゲイ とのデュエットで知られる。. 1971年 5月21日発売のアルバム『ホワッツ・ゴーイン・オン』に収録され、同年6月10日にシングルカットされた。B面はアルバム未収録の. マーヴィンの音楽キャリアはドゥワップ・グループがスタートだが、まず触れるべきグループはハーヴィー&ザ・ムーングロウズだ。1961年初頭にモータウンと契約した後、最初にリリースされたレコードは、R&Bやスウィングそして当時台頭しつつあったソウル・サウンドをブレンドさせたようなスタイルだったが、大して売れることはなかった。だが、マーヴィンの熱のこもったヴォーカルは既にこの時点で異彩を放っていた。 彼は歌っている最中に自己に没入する傾向があったために、ステージ上では目を開けて歌うよう言われた。この助言は正しいのだが、頑固な性格の彼はなかなか受け入れられなかった。それだけではなく、ほかのモータウンのアーティストとは異なり、ステージ上での演出や身体の動きについてのレッスンを受けることも拒んでいた。彼にとって4枚目のシングルで初のヒット作となった1962年の「Stubborn Kind Of Fellow」は、まさにタイトルが彼の本質の一面を表していたのだ。彼は、その正直さが曲のヒットに結びついたのだと感じていたかもしれない。 マーヴィンにはある種の魔法めいたところが最初からあった。「Hitch-Hike」「Pride And Joy」、そして「Can I Get A Witness」といった初期のヒット曲をレコーディングした時点で、既にマーヴィン・ゲイのヴォーカル・スタイルは完成の域にあった。彼の声はその後も進化していくのだが、初期のマーヴィン・ゲイを愛するファンにとっては、これら初期のヒット曲の声こそがマーヴィンなのだ。そして特に、メアリー・ウェルズとの「Once Upon A Time」やキム・ウェストンとの「What Good Am I Without You」などのデュエット曲でのマーヴィンの魅力は、まさに輝いていた。. モータウンにてデビュー後、四苦八苦しながら徐々にアーティストとしての芽を出していった彼は、タミー・テレルと出会い、相性抜群のデュエットでのレコーディングやライブ活動をすることで人気を決定付けたのです。 後に紹介する「エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ」を筆頭に、数多くのヒット曲を繰り出したものの、ある時テレルは彼とのステージ中に倒れた後、病状が改善せず1970年に死去してしまいました。 ソウルメイトとも言える最高のパートナーを失った彼は、失意のもと音楽活動を休止してしまいます。. 1971upload again! ベスト・オブ・マーヴィン・ゲイ - マーヴィン・ゲイ マーヴィン・ゲイ - cdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. リリース年:1977年 収録アルバム:ライヴ・アット・ザ・ロンドン・パレディアム マーヴィン・ゲイにとって最後のヒット曲となったのが「ゴット・トゥー・ギブ・イット・アップ / 邦題「黒い夜」」です。コテコテのファンクよりは柔らかいファンクチューンで、グルーヴィーなリズムとセクシーな歌声が魅力的です。 ライブアルバム「ライヴ・アット・ザ・ロンドン・パレディアム」のおまけ的な位置付けで収録されたこの曲は、のちにシングルカットされると全米R&Bチャートで5週連続1位を飾り、スティービー・ワンダー「Sir Duke」、イーグルス「Hotel California」、アバ「Dancing Queen」など名曲が揃う1977年のチャートを彩りました。. リリース年:1968年 収録アルバム:悲しいうわさ 60年代のマーヴィン・ゲイの代表曲ひとつが「悲しいうわさ」です。 「キャント・バイ・ア・スリル」に収録されているこの曲は、グラディスナイト&ザ・ビップスがリリースした曲で、マーヴィン・ゲイの他にもスモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズもカヴァーしています。 本家もヒットしましたが、マーヴィン・ゲイのバージョンはビルボード7週連続全米1位と大ヒットを記録し、彼にとって最大のヒット曲です。 いかにも60年代な、ちょっとサイケデリックでマイナー感溢れる曲調がカッコ良いですね。マーヴィン・ゲイの持ち味であるセクシーなファルセットが聴きどころです。.

マーヴィン・ゲイのディスコグラフィ; リリースリスト ↙ スタジオ・アルバム 25 ↙ ライブ・アルバム 4 ↙ コンピレーション・アルバム 24 ↙ シングル 82 ↙ 映像作品 3 ↙ ミュージック・ビデオ 2 ↙ サウンドトラック: 1 ↙ トリビュート&カバーアルバム 2. リリース年:1971年 収録アルバム:ホワッツ・ゴーイン・オン マーヴィン・ゲイで一番の代表曲であると同時に、ポピュラーミュージック史においても最もインパクトが強かった曲のひとつが「ホワッツ・ゴーイン・オン」です。 ベトナム戦争に従事していたマーヴィン・ゲイの弟の経験を元に作られた反戦歌として非常に有名なのですが、その背景には黒人の人権を打ち出した公民権運動を排斥する社会情勢を憂うというコンセプトもあるのです。 R&Bを知るために最も重要な一曲と言っても過言ではないので別途、この楽曲やアルバムについて言及していきますね。. リリース年:1967年 収録アルバム:ユナイテッド 残る2曲はデュエットソングを紹介していきます。まず1曲目が、こちらはソウルミュージック黎明期(れいめいき)の名曲として有名な「エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ」です。 マーヴィン・ゲイにとって最高のパートナーであったタミー・テレルとの伝説的デュエットソングは、「超えられない山なんてない、渡れない川なんてない」と高らかに、そして爽やかに歌い上げる雰囲気がとても清々しくて素敵な一曲です。 同時期のソウルミュージックには「ソウルの女王」アレサ・フランクリンや、若くして亡くなってしまったオーティス・レディングといった野太い歌声の歌手が多かったのですが、その中でこの2人は、お互いの声を引き立ようと、決して出しゃばることなく、阿吽の呼吸で気持ちよく声が重ねていったのです。 「歌は馬力じゃない、心だ」と思える、60年代を代表する名曲です。. スティービー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ. More マーヴィン・ゲイ images. マーヴィンは自分の音楽を刷新しようと考えていたが、それが具体的になるまでにはしばらく時間がかかった。長期間に渡るセッションを経て完成したアルバム(そしてモータウンの社長ベリー・ゴーディとのリリースする価値の有無についての議論はそれ以上に時間がかかった)は、彼の音楽を一変させたものと評価されたが、しかしこの『What’s Going On』の誕生にはいくつかの兆候が既にあった。 マーヴィンの1968年以降のソロ・シングルは、自身が書いた作品でなくても内省的な姿勢の度合いを強めていた。当時、彼の弟であるフランキーがベトナム戦争に従軍しており、当然のことながら彼が気楽でいられたはずはなく、「Picket Lines And Wicked Signs」では戦争反対を訴えるヒッピー達とその反対派との暴力的な争いにも言及した。「Abraham, Martin And John」での彼の声にははっきりと切実な思いが込められていた。「His Eye Is On The Sparrow」での彼のパフォーマンスは、本気になった彼はこれほどまでに1枚のレコードに情熱を込められるのだということを証明していた。 マーヴィンは、モータウンで不当にも2番手路線を歩まれていたグループであるオリジナルズのプロデュースをしながら自らのアイデアを試し始めた。オリジナルズはバッキング・ヴォーカルでマーヴィンの楽曲を含む多くのモータウン作品で歌っていたグループで、ヒットこそなかったもののその実力は折り紙付きだった。ドゥー・ワップのスタイルを基盤に持つ彼らだが、その範疇を超える魅力があった。1968年リリースの彼らのシングル「You’re The One」はマーヴィンとの共作で、繊細で流れるようなメロディにはマーヴィンがその3年後に生み出す音楽の片鱗を見ることができる。また、彼らの1969年のシングル「Baby I’m Real」や、1970年代に入ってからリリースされたシングル「The Bells B/W I’ll Wait For You」や「We Can Make It Baby」のプロデュースもマーヴィンは担当している。どの曲にも見事なほど美しさ、重なり合うヴォーカルやドリーミーな雰囲気、ゆったりとしたグルーヴ、クライマックスへ向けて盛り上がっていくメロディ、そして波立たせるようなギターのリズム.

しかし、真の才能の道は決してスムーズに進むものではない。マーヴィンが次にリリースしたシングル「You’re. 1939年4月2日の日曜日、彼はワシントンdcにあるフリードマン病院で産声をあげた。 出生名はマーヴィン・ペンツ・ゲイ・. 若きマーヴィンの武器は歌うことだけではなかった。彼は何種類かの楽器を演奏することができ、モータウンの重要なレコーディング・セッションでドラムを担当したこともある。多作とは呼べないまでも作家としての才もあり、大ヒットを記録したマーサ&ザ・ヴァンデラスの「Dancing In The Street」やマーヴェレッツの「Beechwood 4-5789」、そして彼自身の楽曲である「Wherever I Lay My Hat (That’s My Home)」「Pride And Joy」「Stubborn Kind Of Fellow」などの作曲者のひとりとしてクレジットされている。1965年にはプロデューサーとしてもクレジットされるようにもなり、1966年リリースのグラディス・ナイト&ザ・ピップスのモータウン移籍後初のシングルの片面のプロデュース、続いてクリス・クラークやオリジナルズなどを手がけた。後に伝説と呼ばれることになる彼の礎はこうしたことにあったのである。 しかし、1960年代半ばの時点では確かなものは一つもなかった。マーヴィンにスターとしての素質があったということは疑う余地のない事実だったが、才能あるアーティストが数多くいるソウル・ミュージック・シーンの中では、決定打となるものが彼には不足していた。もっともマーヴィンの音楽は、アメリカ以外では人気を集めており、ことにイギリス、フランス、そしてドイツではかなりの数の熱心なファンを獲得していた。「Can I Get A Witness」「Ain’t That Peculiar」(ともに1965年のリリース)、「One More Heartache」(1966年のリリース)といったシングル盤を持っていることが、イギリスのモッズたちにとってはちょっとした自慢で、これらが流れるとダンスフロアへ上品に向かうというよりも殺到して踊り暴れていたほどである。.

リリース年:1976年 収録アルバム:アイ・ウォント・ユー 1976年にリリースされたアルバム「アイ・ウォント・ユー」は、「ホワッツ・ゴーイン・オン」、「レッツ・ゲット・イット・オン」に並ぶソウルミュージック屈指の名盤です。 その中のタイトル曲でもあるこの曲は、長くてシリアスな音色のイントロに始まり、パーカッションやマーヴィン・ゲイの絡みつくような歌声が魅力的なメロウな一曲です。 メッセージ性や政治性を打ち出した「ホワッツ・ゴーイン・オン」のようなまっすぐさや厳かさから遠ざかり、どこか世俗的で中毒性あるメロディのリフレインが心地良いです。お酒を飲んでほろ酔いになり、踊りながら聴くとどハマりしてしまいそうですね。. | Marvin Gayeの商品、最新情報が満載!. タミーとの活動で安定した成功を維持し、必死でヒットを求める必要のなくなったマーヴィンのソロ活動はプレッシャーから開放されたが、その時発売されたノーマン・ホィットフィールドのプロダクション・ヌードのもとで制作されたシングルは以前よりもダークなものだった。マーヴィンがタミーの体調悪化に影響を受けていたからだ。 1968年にリリースされたシングル「I Heard It Through The Grapevine (悲しいうわさ)」には、スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズやグラディス・ナイト・アンド・ザ・ピップス、そしてボビー・テイラー & ザ・ヴァンクーヴァーズなどによるヴァージョンと比べると遥かにシリアスなムードがあり、大西洋を挟んだリ2つの大陸両方で1位を記録した。「Too Busy Thinking About My Baby」は、マーヴィンの心からの思いが響きとなって聞こえてきた。「That’s The Way Love Is」は「I Heard It Through The Grapevine」の不穏なムードを引き継いでおり、ディック・ホラーの嘆きを込めたプロテスト・ソングをカヴァーした「Abraham, Martin And John」の内省的な声は見事なほどだった。 もはや1960年代半ばのころの、まるで機関銃のような勢いで聴く者をときめかせたマーヴィンではなく、音楽を通して心の旅を続ける男の姿がそこにあった。1968年のトリビュート・アルバム『In Loving Memory』からシングルとしてリリースされたゴスペル・ナンバー「His Eye Is On The Sparrow」での救いを求めるマーヴィンの姿は、彼が1970年代入ってから作ることになる音楽を予感させるものだった。 成功はしていたものの、この時期はマーヴィンにとって暗いものだった。1970年にシングルでリリースされたロジャー・ペンザビーン作になる「The End Of Our Road」がヒットしたのは当然とも言える。彼がデュエットのパートナーを失ったことと重ねて解釈できる曲だったからだ。ペンザビーンは彼の妻と離婚した1967年にこの曲を書き、無念にもその同じ年に自殺してしまった。ゲイはこのことを知っていただろう。しかし彼はタミーの死を追うようなことはしなかった。代わりに彼は音楽に. マーヴィン・ゲイ (Marvin Gaye、 1939年 4月2日 - 1984年 4月1日 )は、 アメリカ合衆国 の ミュージシャン 、 作曲家 。. マーヴィン・ゲイ&タミー・テレル:34:23 | ソウル、ファンク Marvin Gaye & Tammi Terrell Sing "Ain&39;t No Mountain" on "The Tonight Show" - Johnny Carson - 1960s.

マーヴィン・ゲイとタミー・テレル。 二人は私生活でも愛を紡いでいたのかと想像したが、 どうやらそれはなかったらしい。 マーヴィンはキュートでしっかり者のタミーに恋愛感情を抱いていたが、 あいにくタミーの心はマーヴィンになかったのである。. マーヴィン・ゲイ (Marvin Gaye、 1939年 4月2日 - 1984年 4月1日 )は、 アメリカ合衆国 の ミュージシャン 、 作曲家 。. マーヴィン・ゲイが存命ならば80歳の誕生日を迎えていた4月2日のバースデー・ウィークに合わせて、モータウンとユニバーサル・ミュージック・エンタープライズは、1972年のモータウンでの未発表アルバム『You’re The Man』を観音開きの2枚組LPとデジタル形態で3月29日にリリースする。. しかし、マーヴィンがスターとして確固とした地位を手にするこになった何よりも大きな要因は、一連のデュエット・レコードの成功である。キム・ウェストンと丁々発止を繰り広げる「It Takes Two」が1966年に大ヒットしたが、ウェストンはその翌年にモータウンを離れてしまう。しかしそこで会社が彼に用意した新たなパートナーが実にすばらしかった。 かつてジェームス・ブラウンのバンドの一員だったタミー・テレルは、モータウンでほぼ全く宣伝されなかったシングルを既に数枚リリースしていたが、マーヴィンとペアを組んだことでその才能が一気に花開いた。彼ら2名にとってのファースト・アルバム『United』(1967年のリリース) は、ハーヴィー・フークァ(モータウンでの活動を開始する以前にマーヴィンが活動をともにしていたムーングロウズのハーヴィー・フークァその人である)とジョニー・ブリストルによるプロデュース。 マーヴィンが作曲を担当したタミーの大のお気に入りのシングル「If This World Were Mine」がまずまずのヒットになったが、アルバムの収録曲の中で最も注目すべき作品は当時モータウンで新進気鋭の作家チームだったニック・アシュフォードとヴァレリー・シンプソンの共作である。アシュフォード&シンプソンの「Your Precious Love」は『United』の中で最大のヒットを記録したが、もう1曲、ソウル・ミュージックの頂点に位置する圧巻の名作があった。あの「Ain’t No Mountain High Enough」である。 野心的なソウル・ミュージックの決定版といっても決して大げさではない「Ain’t No Mountain High Enough」は、ルーツにあるゴスペルと都会的なタッチを融合させ、全体として実に荘厳なスケールを感じさせる。もしこの曲に心を動かされないとしたら、それは心のどこかが死んでしまっているのだと思う。モータウンにやってきたばかりのアシュフォードとシンプソンの名刺代わりの作品として申し分のない出来栄えだ。マーヴィンとタミーの2人には特別な魔法が備わっている証拠として疑う余地がない。そして、マーヴィンをトップランクのアーティストとして確立させたレコードとして、歴史に残る1枚である。 *この曲について語るヴァレリー・シンプソンの独占インタビュ. マーヴィンが自分の音楽、そして自分のソウルに苦しみ、それを音楽にして聞かせてくれた。彼はそれを恥じていなかった。彼にはそれ以外の方法がなかったからそうしたのだ。 マーヴィン・ゲイの”偽りのなさ”は苦労の末に生まれたものだ。彼を気さくな性格や和やかな感情の持ち主として知っていた者は、おそらく彼のステージでは居場所がなかったはずだ。すなわち、マーヴィンにとってマイクは告白のための道具であり、ボーカル・ブースは懺悔室だったのだ。 素晴らしいシンガーであった彼にとって、ツアーを進行させるためにそうしたレコーディングの瞬間をステージで再現することは可能だった。しかし、それはマーヴィンの真骨頂ではなかった。彼にとっては、自分の心をどこまでも掘り進んで何が取り出せるかを発見することに意味があった。ステージで見せるパフォーマンスはまた別のものだ。そこでは”ステージにおけるマーヴィン・ゲイ”をわかりやすく伝える必要がある。しかし、マーヴィンにとっては、正真正銘の”その瞬間の真実”が重要だったのだ。彼があまりダンスが得意ではなかった。そのため、ステージでしばしば緊張してしまうほど、ライヴ・パフォーマンスを嫌っていたという事実はよく知られている。それでも必要に迫られて自分の役割を受け入れていたのだが、彼は彼のファンに最高のパフォーマンスを提供することをできないという悩みを抱えていた。常に彼はマーヴィン・ゲイ自身であり続けたが、長いキャリアを通じ、いついかなる時でも本物の自分を見せられなければいけないという事実に葛藤を覚え続けていた。. ケネディに捧げられたメッセージ・ソング「アブラハム、マーティン・アンド・ジョン」(ディオンのカヴァー)や「イエスタデイ」(ビートルズのカヴァー)他を取り上げた、メッセージ性に. Marvin Gaye - What&39;s Going On (Album Version)Couldn&39;t find this anywhere on here, thought I&39;d do this a little justice. 「マーシー・マーシー・ミー」( Mercy Mercy Me (The Ecology) )は、マーヴィン・ゲイが1971年に作詞作曲し発表した楽曲。 概要.

Amazon Advertising 商品の露出でお客様の関心と 反応を引き出す: Audible(オーディブル) 本は、聴こう。 最初の1冊は無料: アマゾン ウェブ サービス(AWS) クラウドコンピューティング サービス. . Marvin Gaye | HMV&BOOKS online | 音楽史上、最も偉大なアーティスト、マーヴィン・ゲイ。初期のモータウン・ポップス時. uDiscover掲載【解説】スパイク・リー監督『ザ・ファイブ・ブラッズ』とマーヴィン・ゲイの名盤『What’s Going On』. マーヴィン・ゲイの楽曲をレコチョクでダウンロード。「エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ 」「マーシー・マーシー・ミー 」「ホワッツ・ゴーイン・オン 」など最新曲(新着順)やランキング(人気順)をチェック。. 1939年4月2日の日曜日、彼はワシントンDCにあるフリードマン病院で産声をあげた。 出生名はマーヴィン・ペンツ・ゲイ・ジュニア。 父親はワシントンDCでキリスト教(ペンテコステ派)の説教師をやっていた。 「僕の子供時代には、いわゆる“普通の”という単語はなかった。まず我々一家が. More マーヴィン・ゲイ videos. リリース年:1973年 収録アルバム:レッツ・ゲット・イット・オン 「レッツ・ゲット・イット・オン」は、それまでのマーヴィン・ゲイと異なり、ソウルミュージックの本筋とも言える官能的でセクシーな情熱が溢れ出る人気曲です。アルバムとしては全米2位、シングルとしては全米1位に輝いた中期の名盤です。 当時、ここまで明確にセックスをモチーフにした楽曲がこれまでに少なかったこともあり、マーヴィン・ゲイやソウルフリークの間でも評価が分かれる曲です。しかし、この情熱ほとばしる感じ、60年代の牧歌的なソウルミュージックにはなかったグルーヴ感や高揚感が堪りません!.

グリーンニューディーラー、マーヴィン・ゲイと幻のアルバム「You&39;re The Man」② Marvin Gayeファンも知らない「You&39;re The Man」という謎曲がすごい。 筆者も昔聴いたことあるような気がするけど、どのアルバムにも入ってない単曲で、ベスト盤にしか入っていない。. マーヴィン・ゲイ - マーヴィン・ゲイ - cdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. マーヴィン・ゲイのパートナー、タミー・テレルの転倒と脳腫瘍の発覚 マーヴィン・ゲイが『Let’s Get It On』で得たロマンティックでソウルな進歩 ひときわ官能的なレコードのひとつ、マーヴィン・ゲイの「Let’s Get It On」. リリース年:1973年 収録アルバム:レッツ・ゲット・イット・オン 私がマーヴィン・ゲイで最も好きな曲は「ディスタント・ラバー(邦題「遠い恋人」)」です。 アルバム「レッツ・ゲット・イット・オン」に収録されているこの曲は、マーヴィン・ゲイの真骨頂であるブルージーなスローバラードです。 自分から去っていった恋人に対して「お願いだから、、戻ってきてくれ!」と訴えかける歌詞を歌うマーヴィン・ゲイのセクシーなファルセットとシャウトはこれぞソウルミュージック!これぞR&Bと、ソウルフリークならば誰もが認める名曲です。 この曲に関してはライブ盤を動画で見て、全身から溢れ出るエネルギーや表現を感じながら聴くことで、マーヴィン・ゲイの歌唱力や表現力の豊かさ、ほとばしるパッションをより感じることが出来ておすすめです!. . しかし、マーヴィンの魅力あるシングル曲がまるで当たり前のように次々とアメリカのヒット・チャートに送り込まれる一方で、アルバムに収められていたのはソウル・ミュージックの若きスターとしての自分に十分には満足していないシンガーの姿だった。マーヴィンにはもっと何かが必要だった。彼は常にそうだった。アルバムをリリースするたび、完全な駄作だったとは言わないにせよ、自分の全てを表現しきれていないという思いの中で、本当の自分を見つけ出そうと努力を重ねていたのだ。『When I’m Alone I Cry 』や『Hello Broadway』(いずれも1964年のリリース)、『A Tribute To The Great Nat ”King” Cole』(1965年)から聞こえてくるのは、ジャズやMOR寄りのシンガーとしての立ち位置を模索していた彼の思いだ。それらのアルバムにも魅力があるのだが、マーヴィンが目指すのはまた別のものだった。 それらのアルバムはどれもチャートに登場することはなかったが、同時期にリリースされたソウル・アルバム『How Sweet It Is To Be Loved By You』のセールスは上々で、そこには「Try It Baby」「Baby Don’t You Do It」「You’re A Wonderful One」、そしてタイトル・トラックなどの活気あるシングルが収められていた。 マーヴィンが進むべき方向はどこにあったのかという問いは、現在の我々からすれば火を見るよりも明らかだが、しかし実際には、そうした畑違いのアルバムは全くの見当はずれというものでもなかった。当時のソウル・ミュージックは比較的まだ新しいタイプの音楽であり、それがいつまで続くかは誰にも予想のできないことだった。生計を立てるためにはナイトクラブで歌っていかなければならないという考えを多くの歌手が持っていたので、多芸であることは資産であり得た。ショービジネス用に躾けられたスターになることを拒み妥協を許さなかったマーヴィンが将来のための保険材料を持っていることは、同じく当時の常識と同じ感覚でいたモータウンにとってもひと安心というところだっただろう。.

/32dba75b5c /453255 /157474/194 /128921207

Add: ypydefaf41 - Date: 2020-11-27 15:48:26 - Views: 9131 - Clicks: 3508

マーヴィン・ゲイ

email: zupyzumu@gmail.com - phone:(414) 519-2323 x 2310
Bing Google sitemap.xml

マーヴィン・ゲイ